ローンについて知っておくべきこと

ローンのボーナス払いは考え物

一生に一度の買い物と言われるほど金額の高い不動産ですが、これを買う時に、一般的には銀行でローンを組みます。
現金で一括払いが望ましいですが、それが出来る人はそれほど多くはありません。
その銀行でローンを組むときに、ボーナス払いにするかどうかを決めなくてはなりません。
通常は一年に2回ほどあるボーナス、借金を短い期間で返すにはこれを使わない手はありません。
しかし住宅ローンのように長期間組むものでは、ボーナス払いをしないほうがいいこともあるのです。
理由としては、賞与はなくなることも有り得るからです。
転職、業績不振などによるカットや消滅、そのときに住宅ローンが返済できないとなると、これは大変です。
ですから、借金は賞与頼みはしないことがおすすめです。
それよりも毎月同じ金額を着実に返金し、賞与は貯めて繰り上げ返済にまわすのが余裕も持てていいでしょう。
なくなるかもしれない、ということを考えて借用するのがポイントです。

住宅ローンのボーナス払いはよく考えて

住宅の購入は人生の一大事で、大きなローンを抱えるとなると、相当な覚悟が必要となります。
住宅ローンは、期間が長いので、払っても払っても終わりが見えてこないという気になりますが、設定の際に気をつけなければならないのは、ボーナス払いを多くしすぎないことです。
なぜなら、ボーナスの時期や金額は確定的なものではなく、引き落としの日までに支給されなかったり、金額が思ったより少なかったりすることがあると、とたんに窮地に追い込まれるからです。
ボーナスを当てにしていた買い物や旅行などをあきらめなくてはならなくなるのはつらいものです。
それでも住宅ローンの支払いを第一にしなければならないということを忘れてはなりません。
ですから、住宅ローンの支払いを設定する際には、毎月払いを基本にして、こちらの方をがんばって払っていくことです。
それはそれで大変ですが、毎月のことなので、ある程度ペースを作ってやりくりをしていくうちに、慣れてくるとそれが当たり前になるものです。
くれぐれも目先のことだけを考えて、安易に決めてしまわないように気をつけたいものです。

注目サイト

最終更新日:2017/4/13

Copyright (c) 2015 Future Loan. All rights reserved.