ローンについて知っておくべきこと

カードローンを使う時の注意点

カードローンは使えるお金を増やすので、豊かな生活を送る手段になります。
しかし使い方を誤ると経済的な負担を大きくするので、注意する必要があります。
カードローンを利用する時は、借りたい金額を具体的に考えます。
返済シミュレーションを使えば、借りた分に対して毎月どのくらいの返済額になるか分かります。
毎月の収入から返済することになるので、生活費が不足しない範囲で借り入れすることが重要です。
繰り返し借り入れをすると、自分の銀行口座からお金を出入金する感覚に陥る場合があります。
しかしあらかじめ限度額が設定されているので、返済が難しくなったりお金の工面が難しくなったりします。
キャッシュカードとは違って借金の一つなので、計画的に利用します。
またカードローンによる自由にお金の管理ができなくなると、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えるという悪質な商法に引っかかりやすくなります。
安価な物を高額で買って、悪徳業者が買取やキャッシュバックとして現金を渡しますが、最終的にはクレジットカードの請求が来るので一時的に現金を手にするだけで、返済がさらに難しくなります。
カードローンで自由に借りられない時は、客観的に返済が不可能とされているため、お金の使い方を改めるのが良いです。

住宅ローンの金利について

多くの場合、住宅を建築する場合にローンを組みます。
その場合悩むのは金利型についてです。
ローンには固定金利タイプと、変動金利タイプがあります。
固定金利タイプは返済期間中の金利が一定であるということです。
そのため、返済計画が立てやすく、市中の金利が上昇しても固定金利タイプであれば、金利変動がありません。
変動金利タイプは市中長期金利の動向により、返済金利が変わります。
それぞれに利点欠点があります。
当初借入時の金利が固定金利タイプ゚は変動金利タイプより利率が高くなります。
金利の下向局面では、固定金利はいつまでも高金利を返済し続けなければならないので不利です。
しかし、金利上昇局面では、いくら市中の金利が上昇しても、当初決められた金利が続くため、金利が上昇しません。
返済期間が長い場合は固定金利が安心感が高いです。
もし、金利下向が続くようであれば、住宅ローンの借り換えも視野に入れることもできます。
債務者の信用力さえあれば、住宅ローンの借り換えは比較的簡便に行うことが出来ます。
借入に伴う事務手数料を払う必要がありますが、金利差が1%以上あり、なおかつ返済期間が長期に残っているのであれば検討する余地があると考えます。

recommend

大切な家族だからこそ、心をこめた最後の送り出しを真摯にお手伝いします。

ペット火葬 神戸

実績豊富な高知県の優良店が数多く登録しているため、安心して墓石の購入をいただけます。

墓石 高知

2017/4/14 更新

Copyright (c) 2015 Future Loan. All rights reserved.